中古マンション建物調査
一級建築士が中古マンションの購入前などにホームインスペクション(住宅診断・検査)を行い、建物の劣化状態を診断する

中古マンション建物調査(ホームインスペクション)とは

中古マンション建物調査(ホームインスペクション)サービスは、中古マンションを調査して劣化状態を把握することで、購入判断や補修やメンテナンス等が必要な事項を確認する目的で依頼するサービスです。購入予定の物件や長年、居住している自宅、自宅の売却前に利用します。

対象物件

  • 中古マンション
  • 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 埼玉県の全域に対応(埼玉県以外の方へ

依頼するメリット

  • 一級建築士が買主の味方になる
  • 専門家になら判断できることがある
  • 建物の劣化の有無を確認して購入判断・補修に活かせる
  • 中古住宅の売買の参考になる

ただし、既存建物におけるホームインスペクション(住宅診断)であるため、目視できる範囲における調査結果です。

調査範囲と報告書

専有部分および専用使用できる共用部(ベランダ等)、共用部の一部が対象です。

専有部分

対象の住戸内の床・壁・天井・建具・設備(調査時に動作可能なもの)が対象です。多くの場合、ユニットバスの天井点検口の内部を確認できます。

共用部

対象住戸の居住者が専用使用できるベランダやポーチと、マンションのエントランスから通常のルートで対象住戸へ至る経路の共用部の床・壁・天井などが調査対象です。エレベーター・電気設備等は対象外です。

調査報告書

調査完了後に調査報告書を作成し送付いたします。報告書サンプルをご確認ください。

埼玉県で依頼したお客様からの評判・評価

実際にアネスト埼玉にホームインスペクション(住宅診断)を依頼したお客様からのアンケート結果「お客様の声(アネストの評判)」をご確認ください。

お客様の声の一例

内覧当日では不動産購入自体が不慣れな自分に対して専門家の視点から様々なアドバイスを頂きました。

おかげさまで、初見ではなかなか見つけづらい傷やひび割れなどを発見することができました。


まず、全く初めて経験する内覧会に第三者がいてくれるだけで、安心感があった。また、担当していただいた野口先生におかれては、我々と一緒に、我々の立場でアドバイスをいただきとても感謝している。自分たちだけでは、気付かなかったか、気づいても指摘できなかった指摘を多数することができた。

中古マンションのオプション

中古マンション建物調査(ホームインスペクション)サービスに付けられるオプションは、竣工図書チェックとコンクリート圧縮強度調査です。

竣工図書チェック

マンションの性能(断熱性・遮音性・可変性など)を竣工図書から読み解くサービスです。構造計算をチェックするわけではございません。

竣工図書を閲覧できる日時と場所をご確認ください。竣工図書は、通常は管理人が保管しているので管理人室で閲覧することが多いです。閲覧場所、管理人の勤務曜日・時間を不動産会社を介してご確認ください。もし、現地に竣工図書がなく管理会社等へ閲覧に伺う必要がある場合は、調査日をわける等の対処を打合せ致しますので、できれば一度、お電話ください。対応次第では、別途料金が必要となる場合がございます。

コンクリート圧縮強度調査

コンクリート圧縮強度調査は、平成11年5月以前に建築確認を受けたマンションでは、国交省の告示により必要とされている調査です。事前にマンションの管理組合・管理会社より了解を得てください。この調査は多少の音が生じることがあるためです。承諾を得てからお申込みください。

なお、対象マンション内に、コンクリートの露出箇所がない等で実施できない場合は実施することができません。

埼玉県の対応エリア・必要書類・料金

埼玉県における対応エリアと必要書類、料金を案内いたします。

対応エリア

埼玉県では以下のとおり、ほぼ全域に対応しております。対応エリアであっても、地域によっては出張料が必要です。

対応可能な市町村

  • 上尾市・朝霞市・伊奈町・入間市・小鹿野町・小川町・桶川市・越生町
  • 春日部市・加須市・神川町・上里町・川口市・川越市・川島町・北本市・行田市・久喜市・熊谷市・鴻巣市・越谷市
  • さいたま市・坂戸市・幸手市・狭山市・志木市・白岡市・杉戸町・草加市
  • 秩父市・鶴ヶ島市・ときがわ町・所沢市・戸田市
  • 長瀞町・滑川町・新座市
  • 蓮田市・鳩山町・羽生市・飯能市・東秩父村・東松山市・日高市・深谷市・富士見市・ふじみ野市・本庄市
  • 松伏町・三郷市・美里町・皆野町・宮代町・三芳町・毛呂山町
  • 八潮市・横瀬町・吉川市・吉見町・寄居町・嵐山町・和光市・蕨市

必要書類

基本サービスに必要なもの

  • 住宅地図(必須:所在地がわかるもの)
  • 広告程度の間取り図のみ(必須)
  • 長期修繕計画書
  • 修繕履歴のわかる書面
  • 建物の登記事項証明書(不動産会社が持っていることが多い)

調査自体には不要ですが、以下の書類のいずれかがあれば、新耐震基準に適合する物件であるか確認することが可能です。

  • 確認済証
  • 確認台帳記載事項証明
  • 新築時の建設住宅性能評価書
  • 新築時の住宅瑕疵担保責任保険の付保証明書
  • 既存住宅に係る建設住宅性能評価書(耐震等級1以上であるもの)
  • 既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書
  • 耐震基準適合証明書

竣工図書チェックに必要なもの

設計図書(竣工図書)を現地で確認いたしますので、不動産仲介業者を介して管理人や管理会社に竣工図書を閲覧できる日時と場所をご確認ください。竣工図書は、持ち出しできないもので、管理人室に保管していることが多いですが、保管していないこともあるので必ず事前に確認しておいてください。

料金

基本料金50,000円(税込55,000円)
竣工図書チェック(オプション)10,000円(税込11,000円)
コンクリート圧縮強度調査(オプション)20,000円(税込22,000円)
  • 中古マンション建物保証(既存住宅かし保険つき) の検査は無料です(要事前申込)。
  • エリアによっては出張料が生じます。また、専有面積が100㎡超の場合は面積加算が生じます。
  • キャンセル規定と支払時期はこちらをご確認ください。

お問合せ~ご利用の流れ

ホームインスペクションのご利用の流れ

以下の流れでお見積りなどのお問合せ、お申込み、中古マンション建物調査(ホームインスペクション)の実施などを進めていきます。

お問合せ

  • お問合せフォーム、LINE、電話にてお見積り・予約状況をご確認ください。
  • お見積りのためには、建物面積(延床面積)が必要です。
  • お問合せフォームからご連絡の方でスマホの方はドメイン指定を解除してください。
STEP
1

お申込み(正式にご依頼)

STEP
2

弊社より「受付メール」を送信

  • スマホの方はメールのドメイン指定を解除してください。
  • LINEでも送信可能です。
STEP
3

お客様より弊社へ必要書類を送付

  • 送付方法はメール・LINE・FAXでお願い致します。
  • 平面図(間取り図)は診断日よりも前にご送付ください。
STEP
4

担当者よりお客様へ連絡

  • 当日の待合せ場所・時間の確認を行います。
STEP
5

当日に現地にてホームインスペクション(住宅診断)を実施

  • 現地で調査結果の概要を丁寧に説明致しますので、お客様のお立会いを推奨致します。
  • 指摘事項は現場に立ち会う方にその場でお伝え致します。
  • 調査後、10日以内に代金のお支払いです。
STEP
6

報告書を送付

  • 原則、調査日より5日以内に発送致します。
  • PDFファイルをメールまたはLINEに添付して送信致します。
  • 詳細報告書を選択された方には郵送も致します。
STEP
7

質疑応答

  • ホームインスペクション(住宅診断)の完了後、不明点などはお気軽にご相談ください。
  • 質疑はメール、LINE、電話のいずれも可能です。
STEP
8

アフターサービス

STEP
9

お気軽にお問合せください。0120-346-679受付時間 9:00-19:00(土日祝は18:00迄)

お問合せ お見積りには建物面積が必要です